【試合観戦記】エマヌエル・ナバレッテ VS ルーベン・ビラ WBO世界フェザー級王座決定戦

 

今回は11月23日WOWOWエキサイトマッチで放送された

WBO世界フェザー級タイトルマッチの観戦記事です。

 

二階級制覇を狙う前WBOスーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテと世界初挑戦となる同級3位ルーベン・ビラの1戦を振り返りたいと思います。

 

 

両者のプロフィール

エマヌエル・ナバレッテのプロフィール

  • 出身国 :メキシコ
  • 年齢  :25歳
  • 身長  :170cm
  • リーチ :183cm
  • 利き腕 :右利き
  • 階級  :スーパーバンタム→フェザー
  • 通称  :カウボーイ

 

エマヌエル・ナバレッテはメキシコ出身のボクサーで前WBOスーパーバンタム級王者です。

 

ファイトスタイルはメキシカン独特の伸びるストレートと左のロングフック・アッパーが印象的の好戦的なスタイルのボクサーです。

 

そのファイトスタイルは同じメキシカンの名王者ジョニー・ゴンザレスオスカー・ラリオスに近い印象を受けます。

 

ルーベン・ビラのプロフィール

  • 出身国 :アメリカ合衆国
  • 年齢  :23歳
  • 身長  :168cm
  • リーチ :169cm
  • 利き腕 :左利き
  • 階級  :フェザー級

ルーベン・ビラはアメリカ出身のボクサーでアマチュアボクシングの戦績133戦と豊富なキャリアを持っています。

 

ファイトスタイルは元アマチュアボクサーらしく、基本に忠実な動きのオーソドックスなボクサーファイターで、この試合が世界初挑戦となります。

 

両者の戦績比較

次に両者の戦績を比較してみましょう。

 

ナバレッテ ビラ
戦績 34戦 32勝 1敗 無効試合1 18戦 18勝 
KO数
27KO
3KO
KO率 79% 16%
世界戦
5戦 初挑戦

 

ビラのKO率16%に対し、ナバレッテは79%と高いKO率を誇っておりパワーの面ではナバレッテが断然有利でしょう。

ビラは世界初挑戦となりますがここまで無敗で勝ち進んでおり、アマチュアの戦績も133戦と侮れないキャリアを持っています。

 

試合展開

この試合は攻勢に出るナバレッテを、ビラがフットワークを使って捌く展開で試合が進みました。

 

試合は1Rナバレッテの両グローブを軽く動かすフェイントからの左アッパーでビラのダウン。

ビラは立ち上がりますが、序盤はナバレッテがビラを攻め立て優位に立ちます。

 

4Rナバレッテのダッキングにビラが左アッパーを合わせますが体制を戻したナバレッテの左フックがカウンター気味に入りビラが二度目のダウン。

 

このダウンのダメージが大きく、これで試合が決まったように思えましたが4Rを凌いだビラが立て直し、中盤から終盤にかけてはナバレッテの攻撃に対応。

 

終盤はビラが追い上げナバレッテのパンチが空を切り、ビラのクリーンヒットが入るシーンが見受けられます。

しかし、追い上げるビラも決定打を与えるまでとはいかず、試合は判定までもつれ込みました。

 

 

試合結果

判定は、

ナバレッテ ビラ
114 112
114 112
115 111

 

以上3-0の判定で、2度のダウンで大きな見せ場を作ったナバレッテの勝利でした!

 

これでナバレッテがフェザー級の新王者と共に2階級制覇を達成しました!

ナバレッテがダウンを2度取った試合でしたが、終盤のビラの追い上げも影響し意外にも判定は僅差となりました。ビラ陣営にとってはダウンがなければ・・・という試合でした。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました!

 

この記事はいかがだったでしょうか?

回答結果を見る

Loading ... Loading ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました